ポスコン・ベンチャー・パートナーズ POSCON Venture Partners ポスコンベンチャーパートナーズはコンサル卒業生の起業を支援します

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタントと企業を結ぶ CONSULTANT SEARCHコンサルタント向け転職情報 THINK CAREER

新着情報

2015年10月29日

【コンサルからの起業】コンサル業界ニュースにて、ClipLine高橋勇人氏を取材

株式会社ワークスタイルラボが運営するコンサル業界ニュースにて、アクセンチュア、ジェネックスパートナーズでコンサルタントを経験した後に起業したジェネックスソリューションズ代表取締役の高橋氏を取材させていただきました。
  
http://www.consulnews.jp/2015/10/27/clipline1/
 


コンサル業界ニュースでは、「シリーズコンサルからの起業」として、今後もコンサル出身の起業を取材していきたいと考えています。
 
お問合せ:株式会社ワークスタイルラボ
info@workstyle-lab.com

2015年10月27日

「tsunagu Japan」を運営する株式会社TSUNAGUへ出資

株式会社ワークスタイルラボが運営するポスコンベンチャーパートナーズは、訪日メディア「tsunagu Japan」を運営する株式会社TSUNAGU(本社:東京都中央区、代表取締役:萩原良)に対して出資を実施いたしました。 
  
【株式会社TSUNAGUについて】 
訪日旅行市場は引き続き堅調な成長を見せている中、株式会社TSUNAGUは英語および中国語で訪日メディアtsunagu Japanを運営しています。 


[英語版]

https://www.tsunagujapan.com/

  [中国語(繁体字)版]

https://www.tsunagujapan.com/zh-hant/ 


 
同メディアは「読者(外国人)目線」を大事にしながら、主に英語と中国語(繁体字)で訪日観光情報やショッピング情報、日本文化に関する情報などを発信しており、2015年10月時点で月間230万PVを突破し、訪日メディアとしては業界最大規模となっています。 
 
特に中国語(繁体字)ページは多くの反響があり、現在では全体の半数以上が台湾人・香港人によるアクセスとなり、業界最大となっています。日本滞在中の訪日旅行客からも多くのアクセスがあり、記事で紹介したレストランの外国人客の3割はtsunagu Japanの記事を見た人、という事例も出てきています。 
 
今後、株式会社TSUNAGUは、日本の企業様の訪日プロモーションサービスのみならずアンケート調査サービスの拡販を図っていくとともに、訪日旅行客にとって最も有用な情報・発信インフラとしてtsunagu Japanの拡充を図り、日本と世界、オンラインとオフラインをつなぐサービス提供に挑戦していきます。 
 
【参考:10月22日同社プレスリリース】訪日メディア「tsunagu Japan」が230万PVを突破!訪日旅行者に特化したアンケート事業も開始。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000011667.html
 
【ポスコンベンチャーパートナーズについて】 
株式会社ワークスタイルラボが運営するポスコンベンチャーパートナーズは「コンサル業界から成功する起業家を増やすことを支援する」ことをミッションに活動しています。 
 
今回出資に至った、株式会社TSUNAGUの萩原良氏は三洋電機株式会社、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社を経て、2013年 株式会社TSUNAGU創業・代表取締役就任。
「日本と世界をつなぐ№1プラットフォームをつくりだす」ことをビジョンに、日本の誇れるモノ・コトを世界に発信する自社メディアの運営とともに、日本企業様に対してマーケティングソリューションを展開してきました。 
 
こういったコンサルティング業界出身で起業に挑戦しようとする起業家を、人・情報・資金等の面から様々に応援していきます。
 
お問合せ:株式会社ワークスタイルラボ
info@workstyle-lab.com

2015年03月02日

活動報告:ポスコンベンチャーパートナーズ立ち上げ3カ月

ポスコンベンチャーパートナーズを立ち上げ3カ月がたちます。これまでの活動のうち、いくつかトピック的にご紹介させていただければと思います。
 
■起業に興味のあるコンサルタント60名のリストを作成
サイトを立ち上げ、興味のあるコンサルタント10名強から様々な問合せをいただいております。それだけでなく、以前から当社コンサルサーチに登録があったり、その他現役で繋がりがあるコンサルタントも含め、起業に興味のある方(既に起業している方)を60名リストアップしたリストを作成しました。リストはコンサルタント毎に、興味のあるテーマ、起業の状況、コンサルとしての稼働状況が纏められています。興味のある方は是非お問い合わせください。
※人物が特定できない状態のリストです
 
■13社のベンチャーキャピタルとのネットワーク構築
上記リストを片手にベンチャーキャピタル各社にアプローチ。アポが取れたベンチャーキャピタルに訪問し、ディスカッションを実施ています。ベンチャーキャピタル各社もコンサルタント出身の起業家に興味を持っていただき、13社程度のベンチャーキャピタリストとのつながりができ、様々なディスカッションを繰り返させていただいています。
 
■コンサルタントを(ベンチャーキャピタル他)各所に紹介
具体的にプラットフォームとしてマッチングの価値を提供し始めました。これまでのところ、以下のようなコンサルからの起業にまつわる紹介をしています。
 
1.アジアビジネスを企画している某総合研究所出身者
  → シード系ベンチャーキャピタルに紹介
2.アクセンチュア出身者
   → 事業をゼロから作り投資することを考えている某ベンチャーキャピタルにを紹介
3.某外資系戦略コンサルファーム出身者を2人
   → 投資だけでなくアジアでビジネスを作ろうとするVCグループに紹介
4.アジアで教育事業を展開しようとする総合系ファーム出身者
   → アジアに強い某VCに紹介
 
今後も、様々な紹介、マッチングを進めてまいります。
 
■イベントを開催
コンサル×起業イベント第1回として、週刊新規事業とコラボレートしてイベントを開催。20名程度の起業に興味のあるコンサルタントが集まりました。4月にはコンサル×起業イベント第2回を、某ベンチャーキャピタルとコラボし実施する予定となっています。
 
以上のような活動をゆっくりではありますが進めています。興味のある方は右上のお問い合わせページからお問い合わせ頂くか info@workstyle-lab.com までメールにてお問合せください。

2015年01月29日

【連載:コンサルからの起業】第1回 リスクを考えるのはそこそこにして、楽観思考で前に進む

「コンサル業界に入ったのは、元々起業を考えていたから」そういうコンサルタントも多く、当社が運営するコンサルサーチには起業をも視野に入れた、若手コンサルタントが多く集まります。これまでは彼ら若手コンサルタントに対し、手元資金を確保するためのコンサル案件を紹介するだけでしたが、今後は「起業」の応援もしようと「ポスコンベンチャーパートナーズ」事業を立ち上げました。ベンチャーキャピタリスト、起業家など、ベンチャー界隈の人たちとも交流を広くはじめました。こういった活動の中で気づいたことをコラムとして書いていきます。

 
 

不確定要素が多い事業の立ち上げ
 
コンサルティング会社は90年代のIT登場から、業務の効率化・ITの導入などのテーマでビジネスを拡大してきた会社も多い。総合系ファームと呼ばれる会社は多くの業務ITコンサルタントを生み出してきた。もちろん純粋な戦略コンサルティングファームのように企業戦略にこだわってきた会社もある。
 
当然のことながら「効率化」に比べて「新しいものを生み出すこと」というのは、不確定要素が多い。自ら自社のやり方を変えることが重要なテーマである「効率化」はコントロールできる要素が多い。一方、新しいものを生み出す「起業」は、より多くの要素を考えなければならない。
 
不確定要素が多いということはリスクが高いということ。起業にはリスクはつきものである理由だと思う。
 
ベンチャー界隈の人は楽観的?考えて前に進まないより、多少のリスクに目を向けず前に進む
 
起業はリスクが高いはずなのに、ベンチャー界隈にいる起業家たちは楽観的に物事をとらえている人が多いような気がする。もちろん表面的にそのようにふるまっているだけかもしれないが、コンサルタント的に「この点がうまくいかなかったらどうするんですか?」的な質問をしてしまうと、上手く答えをはぐらかされてしまうこともある。
 
もちろん、そのリスク・不確定要素は考えていないわけではないのだろうが、それを考えていては、物事が前に進まないということをよく理解しているようにも思う。
 
考えて前に進まないより、多少のリスクがあっても前に進める、そういった感じだ。その結果、楽天的と映るのかもしれない。「まずやってみる」の精神はたくましい。
 
コンサル業界の人はリスクを考えがち
 
コンサルタントって、プロジェクトマネジメント力に長けていると思う。プロジェクトを滞りなくゴールに向かって進めることをサポートする能力だ。プロジェクトマネジメント力もコンサルタントの一つの能力であり、特に専門知識や経験の乏しい若手コンサルタントにとって、プロジェクトマネジメント力はコンサルタントとしてバリューを発揮できるの成否のカギを握るといっても過言ではないかもしれない。
 
プロジェクトマネジメントにおいて、先のリスクを読むことは重要だ。プロジェクトマネジメントに長けたコンサルタントは先のリスクを読む力が優れている。ただ、このリスクを考える力が、コンサルタントから「すぐにやる」という性質をなくしていしまっているのかもしれない。自信がないというより、リスクに敏感なのである。
 
周りにいるベンチャー起業家と議論し、真摯に学ぶこと
 
コンサルに入る人も、ベンチャーを立ち上げる人も、基礎的な能力や、各々が持つ自信はそんなに変わらないと思う。異なった特質はあるように思うが、社会に出てキャリアを積むうちに、自ら身を置いた環境がある「特質」を作るのだろう。
 
そういった特質を良い悪いという議論にしがちであるが、そうではなく、両方の能力を持つことが理想的だと思う。本コラムに書いたような、リスクに慎重になる力と、まずやってみる楽観的な姿勢といった、2つの能力は両極端にとらえられがちだ、、両方を使える力を身に着けて、時と場合により、使い分けることが最も大事ではなかろうか思う。
 
こうゆう私も起業家としてリスクを取れない方だと思っている。笑
 
 

株式会社ワークスタイルラボ 代表取締役 真貝 豪
各種お問い合わせは info@workstyle-lab.com まで

2015年01月26日

【イベント開催報告】 コンサルからの起業

1月21日(水)19:30より東京都中央区某所にて「週刊新規事業×コンサルからの起業」を開催いたしました。
 

20名程度の参加者に集まっていただきました。多くの方がコンサルティング会社所属の若手コンサルタント。その他にはフリーランスコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト、官公庁勤務等でした。
 

参加者の全員が、当イベントの趣旨に興味がある「起業をしたい」「いつかは起業がしたい」と考えている方々。そのためにコンサルティングファームに入社したという方もたくさんいました。
 

第1部では「コンサルからの起業の実態」をシェア。当社に登録いただく若手コンサルタントの多くが、自ら事業を立ち上げるのに取り組んでいることや、コンサルタントとして独立→独立をしながら起業をする進め方、その実態などを当社から話させていただきました。
 

第2部では、今回コラボレーションさせて頂いた週刊新規事業の片倉氏より、同メディアを使った「新規事業アイデアの生み出し方」について。グループワークを交えながら「事業の共通点を探し、それを他の業界に当てはめる」という事業モデルの発想法を学びました。
 

その後、2次会の懇親会では、様々なコンサルティングファームから集った参加者同士が、ファームの垣根を超えて10名程度で交流。普段忙しい中、同業他社の若手と触れ合う機会も少ないためとても有意義な時間だったようです。
 

今後も「コンサルからの起業」が盛り上がるように当社は様々なイベントの企画を行いたいと思います。イベントの情報が必要な方は当社まで事前にお問い合わせ頂けますと、開催決定時にタイムリーに直接告知させていただきます。

2015年01月06日

「週刊新規事業×コンサルからの起業」を開催

ポスコンベンチャーパートナーズを運営する株式会社ワークスタイルラボは、リーンコンサルティング株式会社が運営する「媒体週刊新規事業」とコラボレーション企画として、1月21日(水)に東京都中央区某所にてイベント「週刊新規事業×コンサルからの起業」を開催します。
 

今回コラボすることになりました週刊新規事業はケアネット㈱の共同創業者で元BCGの秦充洋氏と、アクセンチュア出身であり、本の要約サイト「flier」の共同創業者でもある片倉健氏が共同で運営している情報メディア。シリコンバレーを中心に、最新のベンチャービジネスを紹介することで、新規事業のアイデアを提供しています。
 
週刊新規事業: http://new-biz.me/
 

参加申し込み及び詳しくは以下のページをご覧ください。
http://peatix.com/event/65019

 

2014年12月22日

大手を含むベンチャーキャピタル5社との協力体制を構築

株式会社ワークスタイルラボが運営するポスコン・ベンチャー・パートナーズは、大手を含む5社のベンチャーキャピタル(VC)との協力体制を確認しました。
 
当社は協力関係を築いているこれらのVCに対して、コンサルティングファームを卒業し、起業に取り組む起業家の情報を提供、積極的にマッチングを進めることとなります。
※起業家本人に了解を得ることなく、事業計画・個人情報など情報をVCに提供することはありません。
 
「コンサルファーム出身の起業家と接点が持てなくて困っている」との声
当社はポスコン・ベンチャー・パートナーズ開始後、積極的にいくつかのVCとディスカッションを重ねていますが、各VCとも当社事業に大変興味を持っていただいております。
 
よく聞かれる声として「コンサルファーム出身の起業家が優秀なのは理解しているが、なかなか接点が持てなくて困っている」、「コンサルタントは確かに優秀だが、完ぺきではない。足りないところを補って、共に良いビジネスを作っていきたい」、「事業計画を完璧に作り上げてからVCに相談に来るのではなく、ディスカッションレベルでも相談に来てほしい」といった声が聞かれます。
 
各VCに特徴があり大きな違い。最適なVCの紹介にも価値がある
また当社としても、各VCに特徴があることを改めて認識させられる次第です。投資スタイルや、投資において注目するポイントなど、各社それぞれです。特に顕著だと感じるのは以下のような点になります。
 
・投資ステージ: シードステージへの投資が中心化?アーリーステージへの投資が中心か?
・投資額: 基本的な投資額と、持ち分割合の考え方
・投資対象: スケールするITビジネス中心の投資か?、ITビジネス以外でも投資するか?、どの程度スケールするビジネスなら投資するか?など。
 
このような点に関して当社は今後起業家の紹介を通じて、さらに理解を含めて行きたいと考えています。
 
そしてコンサルファーム出身者で起業を考えている方で、当社に問い合わせ頂ける方に対して、どのVCへの紹介が最適化を見極め、またVCとの上手い付き合い方について、まだ資金調達の状況等も含め、有益な情報を提供し続けていきたいと思います。
 
今後も、ポスコン・ベンチャー・パートナーズがプラットフォームとして協力になるべく、活動してまいりますので、引き続きよろしくお願いします。

2014年11月26日

コンサル出身の起業家を支援する「ポスコン・ベンチャー・パートナーズ」事業を開始

ハイスキル人材が多いコンサル業界から、成功する起業家の創出を促進
コンサルファーム出身の起業家に投資家紹介、起業チーム作り・人材確保の支援、起業アドバイスを提供


独立・フリーコンサルタントに仕事を紹介する「コンサルサーチ」を運営する株式会社ワークスタイルラボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:真貝 豪)は、コンサルファーム出身の起業家を支援する事業「ポスコン・ベンチャー・パートナーズ」( http://www.poscon-vp.jp )を開始しました。
 
※サービス名中の「ポスコン」はポスト・コンサルタント・キャリアを短縮した造語になります。
 
■ハイスキル人材が多いコンサル業界からの起業を促進、コンサル業界発の成功する起業家創出に貢献
 コンサルティング業界にはビジネススキルが高く、将来起業したいと考えながら働くコンサルタントが多くいます。実際にDeNA南場 智子氏、ネットエイジ西川 潔氏、アイスタイル吉松 徹郎氏、オイシックス髙島 宏平氏、レアジョブ加藤 智久など、多くの成功したコンサル出身起業家が存在しています。しかし、失敗するリスクや、事業収入を得るまでの間、収入がゼロになるリスクを恐れ、起業に踏み切れない人も多いのが現実です。
 
当社は主力事業であるコンサルサーチ( http://www.consulsearch.com )を通じ、これまでもコンサルファーム出身の起業家に対し、手元資金を稼ぐために請負仕事を紹介してきましたが、今後、これまで以上に積極的に起業を支援するため「ポスコン・ベンチャー・パートナーズ」事業を立ち上げました。ポスコン・ベンチャー・パートナーズでは、これまで当社が行ってきたコンサルファーム出身者への請負仕事の紹介だけではなく、投資家の紹介、起業チーム組成の支援、ディスカッション協力、起業ノウハウ提供、顧客紹介、先輩起業家メンターの紹介などを始めとし、コンサルファーム出身の起業家が必要とするものを提供していきます。
 
■コンサルファーム出身の起業家にポスコン・ベンチャー・パートナーズが提供する支援サービス
1.ファンディング支援・投資家の紹介
2.起業チーム組成の支援・ベンチャー人材紹介
3.ディスカッションや知恵出しの協力
4.顧客紹介・営業紹介
5.手元資金確保のためのコンサル請負仕事の紹介
6.先輩起業家メンターの紹介
 

ポスコンベンチャーパートナーズ

■実例1
 将来の起業を考えてコンサルファームに入社したA氏。5年のコンサルタント経験を積みITベンチャーを起業。1年間取り組むがうまくいかず、売上・利益がたたず資金も尽きてきた頃、当社に問い合わせがありました。
 当時30歳のこの起業家に対し、当社は月額100万円程度のコンサルティング請負仕事を紹介。彼は1年間コンサルタントとして働き1200万円の収入を得ました。そのうち生活費を除く700万円の資金を事業に投下し起業に再チャレンジしています。
 A氏は「もし、また資金が尽きたとしても、再びコンサルタントとして資金を貯め、再度チャレンジしようと思っている。ポスコン・ベンチャー・パートナーズのおかげで、安心して起業にチャレンジできている。10回チャレンジすれば1度は当たると考えている(笑)」と話します。
 
■実例2
  コンサルタントとしての仕事が忙しすぎて起業の準備がなかなか進まなかったB氏。「このまま年齢を重ね起業にチャレンジできないまま人生が終わってしまうかも」と危機感を感じていました。しかし起業テーマが見つからず、事業計画がないため、今すぐの起業はためらわれていました。この状況で当社に問い合わせがありました。
 当社は「週4日のコンサル案件を紹介するので、(土日も含めた)残りの1~3日は起業準備の時間とするとよい」と提案。その結果、彼はコンサルファームを退職。フリーコンサルタントとして当社の紹介案件で手元資金を稼ぎつつ、起業に向けての準備を行っています。 
 
■コンサルファーム出身の起業家の卵を社会に
 当社は今後、ポスコン・ベンチャー・パートナーズ事業をスタートさせることにより、請負仕事を紹介するだけでなく、彼らの起業についても投資家の紹介、チーミングの支援、ディスカッション協力、起業ノウハウ提供、顧客紹介など、コンサルファーム出身の起業家が必要とするものを提供します。
 
 そして、コンサルファームの卒業後に、起業にチャレンジしようとするコンサルタントを一人でも増やすことにより、社会にイノベーションの種が巻かれることを通じ、社会貢献を果たしていきたいと考えています。またコンサル業界から魅力的な起業家が多く生まれる状況を作ることにより、コンサル業界が魅力的な業界になっていくことに貢献します。
 
■ポスコン・ベンチャー・パートナーズの概要
サービス名 : 「ポスコン・ベンチャー・パートナーズ」
運用開始日 : 2014年11月26日
URL    : http://www.poscon-vp.jp
サービス内容: :コンサルティングファーム出身の起業家に対して投資家の紹介、チーミングの支援、ディスカッション協力、ノウハウ提供、顧客紹介、先輩起業家メンターの紹介など各種支援
 
■会社概要
名称    : 株式会社ワークスタイルラボ
本社所在地 : 東京都千代田区神田錦町1丁目13番4号
        AXAS大手町 Luxease 1201号室
設立    : 2009年9月1日
代表者   : 代表取締役 真貝 豪
ホームページ: http://www.workstyle-lab.com